翻訳代行が海外ビジネスに必要とされる理由

パソコン

ビジネスのグローバル化

昨今では、世界的にグローバル化が進んでおり、国を超えて企業同士が取引するということも珍しくありません。それは日本も例外ではなく、国内から海外へ商品を販売する企業も多いです。そうした背景から現在、多言語翻訳にも対応している翻訳会社が注目されています。

オフィス

翻訳代行の必要性

そもそも、何故、翻訳代行が必要と言われているのかというと、純粋に消費者からの信頼性を獲得するためという部分が大きいです。例えば、ある製品を海外で販売するとして、その国の言語で原材料名や商品内容を記載していないければ、消費者は安心して購入できません。しかし、逆に、自国語に訳されている場合には、色々な場面で信頼を得やすいです。その為、翻訳代行サービスを導入する企業も多いのです。

ウーマン

海外ビジネスでのチャンス

また、これまでは英語や周辺国の翻訳だけできれば、海外ビジネスは成り立つものでした。しかし、現在、どの業界・業態でもマーケットは拡大する一方で英語圏のみにならず、今や世界中で顧客を獲得するチャンスが増えつつあります。その為、翻訳会社にて多言語翻訳の依頼も少なくありません。海外ビジネスにて利益を向上させるなら、翻訳代行サービスを導入することをオススメします。

翻訳代行の依頼が多い言語3選

PC
no.1

英語

英語は世界でも最も影響力のある言語で、公用語人口もダントツで1位です。よって、国際ビジネスにて英語文章が提出されることも多々あります。

no.2

中国語

最近、急速に経済成長を遂げている中国にて、ビジネスを展開する企業も多いです。中国語を母体とする人口は国内でおよそ12億人、第二言語としてもおよそ2億人を有しています。

no.3

フランス語

フランス語は世界で英語に次ぐ公用語人口で、フランスを中心に29ヵ国語で公用語になっています。国際連合、欧州連合の公用語の一つにも選ばれている言語で、翻訳代行の依頼も多いのです。

世界言語の中でも難解な日本語

私達が普段から使っている日本語は、実は海外の方からは難解な言語の1つとして数えられています。実際にアメリカの外務職員局で開講されている言語は沢山ありますが、その中でも日本語が英語から遠い距離にある言語だと見解を出しています。

翻訳代行に関するQ&A

パソコンを操作している人

即日納品は対応可能でしょうか?

翻訳会社によって、即日納品が可能な会社と不可能な会社が存在しています。即日納品を希望される場合には、まずは翻訳会社の方に相談してみるといいでしょう。

どんな文書の校正・翻訳に対応していますか?

学術論文からビジネス文書、ポスター、コレポンレターといった文書まで、幅広く対応しています。文書の翻訳を希望される場合には、一度参考資料を送信して確認してもらうといいでしょう。

翻訳者の指名はできますか?

翻訳者の指名は原則として可能です。ご満足頂けた案件の翻訳者がいれば、ぜひご指名ください。どの案件か分からないという場合にも、ご依頼時期から担当者を調査致します。

納品後の質問には無料で対応してくれる?

ご納品した翻訳・校正の内容に関しての質問は基本的に無料で対応してくれます。ご不明な点等ございましたら、担当会社にて連絡するといいでしょう。

[PR]
翻訳代行の優良業者を厳選セレクト☆
50カ国語以上の言語に対応!

広告募集中